あこがれの注文住宅! どうやって設計を決めたらいいの?


理想のイメージを想像しよう

注文住宅は、依頼主の希望に応じて自由に設計できる住宅です。完成してから販売される建売住宅とは異なり、間取りはもちろんどこに建築するかもふくめて自由に設計できるメリットがあります。自由である反面、依頼主の多くは住宅設計の専門家ではありません。依頼主が自分で詳細な設計を決めるのは無理があるので、住宅メーカーが提案する基本的なプランを部分的に変更するだけでもよいでしょう。また、担当スタッフに住宅のイメージを伝えれば、適切なプランや変更すべき点を提案してくれます。メーカーに希望を伝えるため、漠然としていてもかまわないので新居のイメージを想像してみましょう。イメージが具体的であるほど、メーカーも提案しやすくなります。

イメージを具体的にするために必要なこと

どのような注文住宅を建てたいのか、イメージは具体的であるほど望ましいといえます。バリアフリー設備を徹底したいとか、木材をふんだんに使用したいとか、条件が明確なほど実現可能なのか判断できます。イメージを具体化するには、ある程度の取材期間が必要です。知人の住宅やインターネットの住宅情報を参照して、自分が望む要素を集めましょう。理想的なライフスタイルを確認する作業でもあるので、じっくりと時間をかけることが大切です。可能であれば写真を撮影したり画像を保存したりしておくと、イメージをメーカーのスタッフに伝えやすくなります。土地の広さや建築コストの影響で、すべての理想をかなえることはできないかもしれません。それでも、希望する要素に優先順位をつけておけば検討しやすくなります。

失敗のリスクを下げて神奈川の注文住宅を建てるには複数の業者と相談して、アフターサービスが充実しているところを選ぶのが大切です。