憧れの注文住宅!収納と動線を考えた理想の間取りづくり


注文住宅、理想の間取りは難しい?

注文住宅は、一からつくりあげていく楽しさがありますね。夢を膨らませ、間取りについて家族と考える時間もまた、かけがえのないものとなるでしょう。しかし理想を追いすぎることで、実際に住んでから「失敗した」と感じる方が多いのも事実です。大きな買い物なので、できれば住んでからも「理想通り」と思いたいものですね。

注文住宅、「収納」が成功のカギ

間取りを考えるとき、部屋の広さや部屋数、窓の位置や明るさなどを重視しがちですが、実は失敗で一番多いのが「収納」だと言われています。逆に、収納のサイズ・位置などをきちんと考え、成功した家は、その後も長く住みやすくなる傾向にあります。まずは今住んでいる家の収納やその中にあるもののサイズを確認しておきましょう。そして、玄関や台所など必要な場所に必要なものをしまっておけるよう、収納の位置、高さ、サイズなどを考えることが大切です。

注文住宅、「家事動線」を考えると家族が幸せに

家事動線を重視して間取りを考えると、家事をする方はもちろん、生活をする家族も過ごしやすくなります。例えば、水まわりが近い位置にあると、洗濯と料理の同時進行が簡単になりますし、トイレと洗面所が近いと便利ですね。また、洗濯機の設置場所と洗濯物を干す場所、そして衣類の収納場所が近い位置にあると、洗濯作業がスムーズになります。普段から、どのような流れで家事や生活をしていて、どうするとよりスムーズになるのかを考えておくといいでしょう。

注文住宅は業者選びも大切

注文住宅の場合、ハウスメーカーや設計事務所などの業者選びも自分で行うことになります。プランの融通が可能な業者、デザイン料を安くしてくれる業者など様々ですが、大切な家づくりを手伝ってもらうのだから、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

東京の注文住宅は、最寄駅から徒歩圏内に数多く存在しています。駅から離れた場所では、庭のスペースも十分確保出来ます。