注文住宅を建てる前に考えたいこと!?間取りとローンがポイント


家族構成を考えた住みやすい間取りを

注文住宅づくりでは外観にこだわる人が多いですが、それ以上に住みやすさが重要なポイントになります。注文住宅づくりで後悔しやすいポイントは間取りで、例えば狭さはストレスの原因になります。快適空間のためには人の行き来がスムーズにできるようにする必要があるので、生活動線に着目してください。室内の通路は大人2人が無理なく交差できる広さを確保したいです。

キッチンから洗面所に移動するような状況で、人同士が渋滞してしまうと時間ロスの原因になります。特にバタバタしやすい朝の時間帯では、生活動線に難があるとストレスが溜まりやすいです。室内には家具や家電、収納スペースなどを設置するので、それらを考慮したスペースを確保してください。

住宅ローンを利用するメリットとは

住宅ローンを組んで注文住宅を建てるという人は多いです。ローンを組むと利息が発生する、返せなくなったら困るなどの声がありますが、夢を前倒しして憧れの注文住宅を手に入れられるメリットがあります。ローンを組まずに貯金をして一括購入しようと思えば、高齢になるまで家を持てないかもしれないのです。住宅ローンには貯金を確保するという側面もあり、手持ちの資金を残しつつ注文住宅を建てられます。例えば口座に500万円の預金があれば、住宅ローンを利用していても心にゆとりが生まれるはずです。ローン利用において気をつけたいのは、貯金ゼロの状態で組むことです。そうなれば収入が途絶えたときに、貯金でローン返済ができなくなってしまいます。

大阪では広い土地を手に入れるのが難しい場合が多いため、狭小住宅技術がある業者を候補にするのが大阪の注文住宅を選ぶポイントです。