注文住宅の購入で失敗しないために考えておくべきこと


譲れないポイントは明確にしておく

注文住宅は設計を1から作っていくので、他の選択肢よりも自分の理想とする家を購入しやすいです。しかし、予算に余裕があれば好きなように設計できますが、予算が限られる場合は制約が生まれます。そうなると、すべての希望条件を盛り込むことは不可能です。そこで、妥協できるところは妥協し、譲れないポイントは譲らずに設計をしていくことがおすすめです。そうすれば、予算内に収めつつ、トータルで満足できる注文住宅を購入できます。

ライフスタイルに合った設計を考える

設計には具体的なライフスタイルを盛り込むことも大切です。例えば、将来的に家族が増える可能性があるのであれば、子供が成長したときに子供部屋を用意できるように部屋を確保しておくと後で困りません。生活動線を考えることも重要です。余計な動きをしなくても良いような間取りにすれば、ストレスなく生活できますし、家事も楽になります。この辺は経験がなければ考えるのが難しいので、住宅業者の方と相談しながら考えていきましょう。

土地も周辺環境を意識して選ぶ

注文住宅を購入するときに土地も購入するのであれば、土地選びも大切になります。家を建てた後はずっとその地域に住み続けることになるので、不便な環境を選んでしまえば、たとえ家の出来が良くても暮らしにくくなってしまいます。できれば、土地周辺にはスーパーやコンビニなどのお店、病院や学校などの施設が近い方が暮らしやすいと感じます。また、車を使う方であれば道路事情が良いというのも条件に入ってきます。家と土地が両方とも良いのであれば、後悔せず長く暮らしていけます。

横浜の注文住宅は様々なタイプの業者から選べます。それぞれ得意なタイプの住宅がありますが、特に強いこだわりがないなら、やはり地元の工務店を当たるのがおすすめです。