間取りに一工夫!心地よい空間をつくるコツとは


ニッチをつくって華やかに

玄関にニッチをつくり、殺風景になりやすい玄関を華やかな空間にしてみてはいかがでしょうか。ニッチとは、壁の厚みを利用し、凹まして作る飾り棚のことです。縦長の形状のニッチを複数並べたり、大きな四角の形状をしたニッチにしたり、ニッチの上部をアール形状にしたりなど、様々なデザインのものが考えられます。ニッチに絵や写真を飾ったり、カウンターに花や雑貨を飾ったりできるため、華やかな印象にすることができるでしょう。ニッチ上部にダウンライトを設けると、空間のアクセントとしてグンとおしゃれな印象になります。ニッチを作る場合は、建物の構造部分にも関係してくるため、検討している場合は間取りの打合せ段階で早めに担当者に相談しておくことが大切です。

小さなものを収納する場所には可動棚を設置

日用品など、小さなものを収納する場所には、可動棚を設置しておくようにしましょう。後から棚板を好きな高さに変更できるため、空間を無駄にすることなく、最大限活かせるようになります。可動棚を設置せず、後からホームセンターなどで購入した棚などを入れるという方法もありますが、その収納のサイズにピッタリ合ったものを探すのは、なかなか至難の業です。また、デットスペースができてしまうと、収納量が減ってしまいますよね。可動棚の方が効率よく収納できると言えるでしょう。間取りの検討段階で、あらかじめ収納スペースに何を収納するのか考え、最適な仕様にしておくことが大切です。特に、パントリーや玄関、リビングなどに設ける収納は細かいものを入れるケースが多くなるため、慎重に検討するようにしましょう。

愛知の注文住宅は都市部と地方で落差が大きいのが特徴です。都市部では大手メーカー、地方では大工がよく選ばれています。