空いた土地を有効活用!注文住宅には庭や駐車場をつくろう


土地を全て住宅に使えるわけではない!

家を建てる時にはまず土地を選ぶ必要があります。ある程度家の広さを想像して、土地を決める方がほとんどでしょう。しかしそこで注意しなければいけないのが、土地の広さに対する住宅の面積である「建ぺい率」です。土地全てを使って家を建てられるわけではないため、余った土地の活用方法を考えておきましょう。たとえば、庭や駐車場として使うケースが多いです。ガーデニングなどの趣味がある場合は庭があると楽しめるでしょう。車やバイクなどを所有している場合は、駐車場があれば別の場所に借りる必要がなくて便利です。ただし、屋根の付いている駐車場は建ぺい率に含まれるので、注意しましょう。

植物に癒されよう!庭をつくって憩いのスペースに

注文住宅で庭をつくれば、さまざまな方法で活用できます。花や木などを植えてガーデニングを楽しんだり、休日にバーベキューを行ったりできます。椅子を置いてゆっくりすることもできますし、遊具を置けば遊びスペ-スとしても使えるでしょう。また、家の中からの眺めも良くなります。庭をつくる際は、位置やフェンスの種類、植える植物などにこだわってみてくださいね。

あれば便利!駐車場を作りましょう

駐車場があれば何かと便利です。車を所有している方はもちろん、持っていない方でも車での来客があることが考えられますよね。将来的に車を持つことがあるかもしれません。そのため、土地の一部をコンクリートで埋めておくことをおすすめします。雑草が生えないので、手入れも楽になるでしょう。夏にはビニールプールを置いて遊ぶスペースとしても使えます。

福岡の注文住宅では毎年台風被害に見舞われることを考慮しましょう。雨風や洪水に強い住宅にするのが大切です。