どうやって選ぶ?家造りのメーカーの選び方


業者の得意分野を知ろう

注文住宅を建てる際のメーカー選びで重要なことのひとつが、業者の得意分野と理想の住宅のこだわりたい部分が同じであるのかということです。マイホームでどこにこだわりたいのかは、人によってそれぞれです。間取りにこだわりたいこともあれば、キッチン設備にこだわりたいという人もいるでしょう。同様にして、業者ごとに、どの部分を作ることを得意としているのかは異なります。得意分野とこだわりたい部分が異なっていると、費用ばかりが掛かり、納得のいかない家造りとなるかもしれません。

相見積もりで納得をして選ぼう

注文住宅を建てる際には。相見積もりをするということがポイントです。はじめから、ひとつの業者に絞ってしまう必要性はありません。複数の業者にポイントを伝えて、どれだけの費用が掛かるのかの見積もりを出してもらいます。それらの中から、項目がわかりやすく、不信感がない、妥当な価格を出している業者を選ぶと安心して依頼することができます。

担当者との相性を確認

業者を選ぶ際には、担当者との相性も非常に重要となります。家造りは決して短期間で済む買い物ではありません。注文住宅となると、家に対する希望を伝えて、それをもとに設計をすることから始めなければならないでしょう。担当者との相性が悪い、あるいは感性が違いすぎている場合、家に対する希望を伝えても、細かなニュアンスをくみ取ってくれない可能性があります。また、相性が悪いとずっと不満を抱えて家造りをしなければならずストレスが溜まります。これらを防ぐためにも、相性の確認は重要です。

毎日住む家だからこそ、自分のこだわりは反映したいものです。3000万の家なら生活空間にもちょっと凝った物を導入する余裕があります。