どうやって建てればいい?二世帯住宅を建てる際の注意点


共有部分と分離部分のバランス

二世帯住宅は、介護や子育てなど様々な面でメリットのある住宅ですが、通常の住宅と比べて間取りに工夫をする必要があります。いくつかの注意点のうち、代表的なものとしては、共有部分と分離部分のバランスをとるということです。二世帯住宅では、家族であるといっても、それぞれ別の世帯なので、共有部分と分離部分をしっかりと確保しなければなりません。無駄な設備を省いて共有するほうが費用は少なくできますが、共有してばかりではかえって生活がしづらくなるので注意が必要です。

生活リズムの違いを考える

二世帯住宅の間取りを考える際には、生活リズムの違いを念頭に置くことが必要となります。家を建てる際には、どちらの世帯も働いていたとしても、時間の経過とともに親の世帯は定年を迎える可能性があります。仕事をしなくなることで、朝も夜も時間が遅くなる可能性があります。反対に、子世帯も子どもの成長に合わせて活動時間が変化していく可能性は高いです。生活リズムの違いによる騒音に悩まされないような設計が必要です。

プライベート空間を確保

二世帯住宅を建てると、どうしても世帯ごとの空間を確保することにばかり意識が行ってしまい、それぞれの世帯の家族一人一人の空間を意識することが少なくなってしまいます。しかし、家族それぞれのプライベート空間を確保できないと、暮らしにくい家となりかねません。家族構成とプライベート空間の確保も意識する必要があります。

二世帯住宅の経験豊富な業者へ

二世帯住宅を建てる際の一番の注意点は、二世帯住宅を建てた経験が豊富にあるメーカーに依頼するということです。いくら調べて注文したとしても、わからない部分はたくさんあります。最適な提案をしつつ、無駄を省いて家を建てるためには、経験が重要です。

二世帯住宅は、親の世帯と子供の世帯を分けて生活をするので、お互いのプライバシーを保つことができます。