賃貸住宅の大家さんや管理会社にはいつ引っ越すことを伝えるべきか?


遅くても引越予定日の1ヶ月前には伝えておこう

賃貸住宅からの引っ越しの準備で、絶対に忘れてはならないものの一つに「大家さんや管理会社への連絡」が挙げられます。連絡のタイミングは早いに越したことはありませんが、どんなに準備などで忙しかったとしても、引っ越しを予定している日の1ヶ月前までには必ず済ませておきましょう。入居するときに交付される賃貸契約書には、解約をしたい場合は指定された時期までに申し入れることが明記されています。大抵の契約は30日前を期限と定められますが、大家さんや管理会社によってはもっと前に期限を設定している場合があるので、引っ越しの準備を始める前には必ず契約書の内容を確認しておきましょう。

解約の申し入れ時期が遅れるとどうなるのか

契約書に記載されている時期までに大家さんや管理会社に解約を申し出ることを忘れてしまった場合は、申し出た日から一定期間の分の家賃を支払った上で契約解除となるのが一般的です。このルールに関しても大抵の賃貸契約書に記載されているので、引っ越し準備開始前に確認が必要です。例えば、解約申し入れの期限が退去日の1ヶ月前と定められていたのに忘れてしまい、申し出が期限から1週間過ぎた日になったと仮定すると、申し出た日から1ヶ月分の家賃を支払わなければなりません。

ただし、実際に支払いを求められるかどうかは管理者側との話し合いによります。住人にやむを得ない理由があったとみなされれば、申し出の期限からの多少過ぎてしまっても通常の解約が認められる場合があります。たとえ申し出の期限が過ぎたとしても、管理者への連絡は忘れないようにしましょう。

苫小牧の賃貸物件の相場がピークを迎える時期は3つあります。1つ目のピークは年度始めの4月で、4.69万円。2つ目は年度後半が始まる9月の4.6万円で、3つ目は年末が近づく11月の4.66万円です。